About GRAMAS

コンセプト

GRAMASは「あなたの人生を豊かにする至高の逸品」をコンセプトにしたブランドです。
『GRAMAS』の由来はGrand Masterpieceで、至高の逸品を意味します。
我々にとって製品とは「価値ある体験」を生み出すツールです。
GRAMASはすべての製品を通じて
あなたに「価値ある体験」を提供することを約束します。

手にする人に、豊かな人生を。

- GRAMAS -

サステナブルな世界

GRAMASは素材に革を使った製品を多く作っています。

古来、革製品用の原皮には、食肉の加工過程で生じた「副産物」の皮が使用されています。
決して革製品のためだけに動物を殺し、皮のみを使用するわけではありません。

革製品が「人類最古のリサイクル製品」と言われるゆえんは、ここにあります。
もし革製品が製造されなければ、深刻な皮の廃棄問題を引き起こすでしょう。

現代においても貴重な命を無駄なく使いきり、愛される製品を生み出すことが、
我々の行うべきサステナブルな取り組みである、とGRAMASは考えています。

※サステナブルとは
人間の活動が自然環境や資源に悪影響を与えず、かつその活動を維持できるさまを表す言葉。

GRAMASの歴史

GRAMASのはじまり

2010年、Appleは第4世代である「iPhone 4」を発売。

まだiPhoneケース市場に参入するメーカーが少ない中、
GRAMASはアルミの削り出しで製造したメタルバンパー(側面を覆う金属製ケース)の販売を開始しました。

当時は安価でプレーンなシリコンやプラスチック製がほとんどで、
スーツやジャケット等のビジネススタイルに合うケースは世にありませんでした。
ここから「スーツで違和感なく使える」iPhoneケースブランド『GRAMAS』がスタートしました。

ビジネスパーソンをコーディネートするiPhoneケースブランド

ブランド設立の翌年、AppleがiPhone 4Sを発売した2011年に、
GRAMASは初めてiPhone用の本革製手帳型ケースを販売しました。

「ビジネスパーソンをコーディネートする」をコンセプトに、iPhoneの使用シーンを想定。
スクエアな形状、薄さ、マグネットで留まるフラップの構造などを追求して生まれたケースでした。

この徹底したユーザー目線のモノづくりが、今も大切にするGRAMASのポリシーです。

今後の展望

GRAMASは、「世の中にない世界一かっこいいものをつくる」
という思想で2010年に始まったブランドです。

その後GRAMASは、「iPhoneケースをファッションの一部としてコーディネートする」
を製品づくりの基軸にし、ブランドを展開してまいりました。

この姿勢に共感してくださる皆様にご支持いただき、
現在(いま)のGRAMASがございます。深く感謝いたします。

今後もユーザーファーストの視点で、長く愛される製品づくりを行い、
手にする人の「明るい未来」を創るブランドを目指し邁進してまいります。