大人の「耐衝撃」iPhoneケース、誕生。

スマートフォンケースが
単なる保護カバーであった時代はとうに過ぎ、
今では腕時計やバッグと同じように、
自分らしさを表現する
「ファッションアイテム」へと昇華しています。

2010年6月、AppleはiPhone第4世代を発表。
しかし、当時のiPhoneケースは
プレーンなシリコンやプラスチック製のものが
ほとんどでした。

着けたいケースがない。
大人の持ち物にふさわしいケースが欲しい。
スーツにも似合う、
スタイリッシュなiPhoneケースを作れないか。

それがGRAMASの原点となりました。

以来、私たちは変わらないビジョンを
持ち続けてきました。
そしてiPhoneの進化とともに、
常にアップデートを重ねてきました。

最新作こそが最高傑作。
これがGRAMASのポリシーです。

G-FOLIO(ジーフォリオ)

つなぎ目のない一枚革を使用したスクエア型の
手帳型iPhoneケース。

ポケットにすっきり収まるスリムデザイン。

機能的かつミニマルなマグネットフラップ。

そして、iPhoneをセットするバンパー側面にも
表革と同じ素材をあしらい、
体験したことのない手触りと一体感を
実現しました。

また、手帳型ケースとしては非常にまれな、
アメリカ国防総省制定MIL-STD-810H Method 516.8:Shock-Procedure IV準拠の
「耐衝撃テスト」※をクリア。

※MIL-STD-810H Method
516.8:Shock-Procedure IVの規格に基づき、
第三者機関にてテストを実施しています。
すべての衝撃に対して保証するものではありません。

スタイリッシュな見た目だけでなく、
iPhoneをしっかり保護できるという
ケース本来の存在価値を再確認し、
さらなる高みを目指しました。

「違い」のわかる大人のiPhoneケース

GRAMASの手帳型iPhoneケースは、
長年ビジネス手帳を手掛けてきた
職人たちの手によって生み出されました。

革の性質や特徴を熟知し、
長く愛用される製品を追求してきた彼らだからこそ、それが実現できたのです。

G-FOLIOもまた、そんな職人たちのこだわりが
随所にちりばめられています。

例えば、革製品の端処理によく用いられる
「コバ塗り(裁断面を塗り固める技法)」は
あえて選択せず、
革の端を折ってからステッチを施す
「ヘリ返し技法」を用いることで、
ケース端の耐久性を高め、
美しい状態を長く保つように仕上げています。

また、ケースの角丸部分には高い技術力が
要求される「菊寄せ」を施し、
高級革小物にも見劣りしない
美しいディテールを追求しました。

「神は細部に宿る」という言葉があるように、
かのスティーブ・ジョブズも、
製品内部の基板レイアウトにまで
美しさを求めたといいます。

あなたがG-FOLIOを手にする時、
モノづくりにかける職人たちの矜持(きょうじ)を
感じていただけることでしょう

さぁ、G-FOLIOを
その手に。