SAPEUR LIMITED 2019

「服が汚れるから戦わない、平和を尊び、エレガントに生きる」

内戦が続き世界最貧国のひとつとも言われるコンゴ共和国において、月収の数ヶ月分ものハイブランドをまとって街中を闊歩するファッション集団がSAPEUR(サプール)だ。

世界一お洒落な平和主義者SAPEUR(サプール)

SAPEUR(サプール)の起源には諸説あり、フランス軍の軍人だったコンゴの社会活動家アンドレ・マツワが、パリの紳士の格好で帰国し、
コンゴ人たちの賞賛を浴びたことで、自分たちの平和信仰を「ファッション」と結びつけて表現することになったとも言われている。

「自分たちが世界一かっこいいと思える製品を作る」を追求し続けてきた坂本ラヂヲはこれに共感し、何ができるのかを考えた。

坂本ラヂヲが10周年を迎えるのにあたり、製品化したのはサプールのファッションルール「コーディネイトは3色まで」を踏襲した、ケースとミニウォレット。

こだわりのディテールでSAPEUR(サプール)を表現

素材にはGRAMASにて人気のシュランケンカーフを採用。ファッショナブルなストライプをプリントではなく、革同士を段差なく貼り合わせる象嵌(ぞうがん)技術で表現した。

内装には、高級自動車メーカーも採用する植物タンニンなめし革「SETA」を差し色として使うことにより、SAPEUR(サプール)らしい洒落の効いた仕上りになっている。

売上の一部は、コンゴ共和国大使館を通して同国の小学校の支援に使われる。

今回は直販サイト並びにGRAMAS GINZA ONE、他一部店舗での限定販売。数に限りもございますので、お早めのご予約を。

GRAMAS German Shrunken-calf Genuine Leather Book Case SAPEUR for iPhone 11 Pro/iPhone XS/X


GRAMAS German Shrunken-calf Genuine Leather L Shaped Zipper mini Wallet SAPEUR